3月5日開催《こどもの姿勢教室〜姿勢チェックとエクササイズ〜》オンライン

イベント

昨年3月に開催したオンライン講座
「こどもの姿勢教室〜気になるこどもの姿勢を放っておかない〜」。

日常生活の中でこどもの姿勢に影響を与えているのはなにか、
親はどのようなことに気をつけるのか、
具体例を交えながら解説をしていきました。

 

今回の講座では、
こどもの姿勢をオリジナルの記録用紙に記入していきましょう!
お父さんお母さんが、専門家と一緒にチェックしていきます。
エクササイズも家族で楽しみながら、
成長と姿勢について考える充実した時間を過ごしましょう。

 

講師 中村尚人
株式会社P3代表取締役。予防運動アドバイザー。理学療法士。ヨガ・ピラティスインストラクター。
1999年から理学療法士として12年間医療や介護現場で臨床を積む中で、病気になった方に関わるのと同じくらい、予防することが大事ではないかということに気づき、自分の使命は予防医学だと悟る。
日々の運動指導を始め、予防医学や健康を啓蒙する書籍の執筆、各種講演、商品開発を行う。
『ヨガの解剖学』『こどものためのファンクショナルローラーピラティス』『腹筋革命』など著書多数。雑誌Tarzan、クロワッサン、ヨガジャーナルなど掲載多数。
4児の父。シンプルでわかりやすい説明が好評。

座右の銘:「子どもは未来人」

参考にしていただきたい記事「親ができるこどもの姿勢チェック」(https://note.com/naoto_nakamura/n/n4b91850f5135)

 

日 時: 2022年3月5日(土) 18:30~19:30

対 象: 小学生の親子
※実際にチェックしていきますので、お子さんとご一緒に受講ください。

参加費: 1,980円(税込)
※HAHATOKIのチケットはご利用になれません。

準 備: 筆記用具、オリジナル記録用紙

お申し込み:coming soon

【前回の参加者の声】
Q.ご受講の理由はなんですか?

・自分が腰痛、膝痛などに悩まされており、
同じ思いを子供にさせないためにはどうしたらいいかと日々考えている中で、この講座と出会いました。
・我が子の将来の健康のため、自分の勉強のため。
・知人の勧めで受講させていただきました。
私自身も米国で発達を学び、その時に早期介入発達セラピスト(OT)が
中村先生と同じことを発信していました。
しかし日本に帰って来て発達支援に対する理解がずいぶんと遅れていることを知って
ショックを受けました。
そんな時、知人から「少数派の仲間が日本にもいますよ〜!」と教えていただきました!

Q.今回の講座を受講されて、姿勢に関する考えが変わった方はその内容を教えてください。
・幼少の頃の姿勢の大切さ、日々の環境の大切さを改めて感じました。
・子どもって今目の前のことが大切でなかなか将来のことまでは考えられないし、
知っている大人が良い方向へ導いてあげないといけないなと思いました!
・中村先生がおっしゃるように日頃の姿勢が将来的に関係すると私も思っており、
それを言葉でわかりやすく説明していただけたので、大変助かりました。

 

お子様の姿勢が気になる方へ! ~ 親子で作って学ぶ健康キット・書籍のご紹介 ~

くび・のびぃる
肩を下げて頭頂を伸ばして正しい姿勢を「感じて」「学ぶ」のに最適です。

ここ・ざこつ
なぜ正しい姿勢をとることが重要なのか、坐骨を使って座ることがなぜ大切なのかを、キットを使って体験しながら学べます。

子どものためのファンクショナルローラーピラティス〜からだ遊び,フォームローラーを使った遊びとエクササイズ〜
子どもの体と心への理解を深めるのに最適な一冊です。子どもにも適したFRPのエクササイズや、親子(あるいは大人と子ども)や子どもどうしで行う「からだ遊び」、フォームローラーを使って行う遊びも紹介しています。

 

 

関連記事

この記事へのコメントはありません。